最先端の管理システム

ブラウザさえあればさまざまな機能を利用できます

介護

みなさんはクラウドコンピューティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか。インターネット網を利用し、ブラウザから企業が用意したサーバーにアクセスしてアプリケーションを利用したりデータを保存したりすることができます。介護ソフトにもこれまで主流だったらパッケージ型とASP型がありますが、このASP型がクラウドコンピューティングを利用したシステムとなります。 クラウドの利点は、利用者がそれぞれハードウェアやソフトウェアを用意しなくても、ソフト業者が一括して用意すればそれをみんなで使用できる点にあります。つまり比較的安価に高度な機能を使用することができるのです。機能によっては月額千円からというところも出ています。現在も数か月間の無料お試し期間を設けたりキャンペーンで特別割引をしているところもありますので、今後もますます気軽に導入できるものとなっていくでしょう。

なかなか浸透しなかったパッケージ型ソフト

2000年に介護保険制度が始まってから多くのソフト会社が介護ソフトの開発に参入してきましたが、今ではかなり集約されてきました。というのも、当初主流だったパッケージ型介護ソフトは機能が多い上にコンピュータへのインストールが必要なことから、初期費用や年間保守費用の面で大規模介護事業者向けでした。このためなかなか浸透せず、パッケージ型ソフトの分野では一部の大手ソフト会社が生き残ってきたといえます。 一方クラウド型介護ソフトは柔軟性が高く法改正に対応するためのバージョンアップも柔軟にすることができるため、コストを抑えることができます。このため、小規模介護事業者でも十分導入可能な金額で提供されるようになりました。またクラウド型介護ソフトの魅力は入力したデータも業者が用意したサーバーに保存されるため、災害時などでもより安全にデータを守ることができることにあります。今後はより一層クラウド型の介護システムが普及していくと考えることができます。

運営を円滑にする方法

介護

人手不足だと言われている介護業界ですが、介護ソフトを導入することで事務業務にかかる手間やコストを大幅に削減することが可能になります。より円滑な運営を心がけましょう。

» 詳しくはこちら

様々な介護事情

介護

近年、自宅での介護を進んで行う家庭が増えています。グッズなどを揃えることで自宅でも十分な介護が可能ですが、難しいのであれば介護施設でのサービスを利用してみると良いでしょう。

» 詳しくはこちら

介護を支えるサービス

介護

介護をしていれば毎日の食事の栄養バランスを考慮する必要があります。介護食の宅配サービスは栄養素やカロリーのバランスが取れた食事を届けてくれるので、献立の悩みを解消することが出来ます。

» 詳しくはこちら